スクリーン印刷刷版専門家がご相談に応じます!

スクリーン印刷を導入しようと考えている

既に設備はあるがうまくいかない・・・

など、刷版に関する疑問をお受けいたします。

​

のべ数十万版に及ぶ作製経験から適切な方法をご提案させていただきます。

犬をクリックしてお問い合わせ

ドメイン(shiba-ts.com)から返信いたします。

数日返信が無い場合、迷惑メール設定の確認をお願いいたします。

刷版作製サポートいたします

低投資の設備でも、機能性を要求されない印刷であれば100μ〜200μラインの再現が可能です。

製版技術はお任せください。

印刷済品

枠清掃

フイルム

製版後

刷版関連のお仕事や資材手配も承っております。

紗張り版・PS版・製版

刷版用資材

印刷文字拡大(白文字部)

(右側の横棒は1mm単位の定規)

刷版作製にあたってのご要望にお応えできるよう、柔軟に対応させていただきます。気軽にお問い合わせください。

当社の設備・環境

紗剥離機

アルミ枠を加熱することによって、枠からスクリーンを剥離しやすくする機械です。

洗浄槽

環境に配慮した洗浄剤を使用し、枠の汚れ剥離・脱脂をする加熱型洗浄槽です。

その後、ブラシを用いて全面的な清掃をおこないます。

紗張り機

エアーストレッチャーによる引きと、ステージ上下動作による枠を密着させる設備で

バラツキの少ない紗張りが可能です。最大枠サイズ1100mm1100mm(ノーマル)

まで対応しています。

​

引っ張り値(テンション)に関してはSTG-75を標準とした管理で安定した

紗張りをおこないます。

フイルム出力

パソコンで編集したデータを、専用のRIPソフトを介して出力します。

水性顔料インクジェットに専用のフイルムを用いて、黒濃度の高い、製版に

適した印字をおこないます。

流し場

前処理から、現像、落版まで流し場でおこないます。

スクリーン専用の処理剤と、高圧ジェット・噴霧ジェット・高圧エアーを

複合的に用いて、ベストな製版を作り上げます。

クリーンブース

PS版(乳剤を塗布した版)を作製するためには、できるだけ清浄度の高い

作業場が必要です。外部からの紫外線をカットし、HEPAフィルタを通した

ブース内でゴミ付着を最小限に抑えた乳剤塗布をおこないます。

乳剤塗布

弊社が最も得意とする、乳剤塗布工程。

帯電防止粘着ローラー、ステンレスバケット、LEDバックライト等を用いて

乳剤調合から塗布までおこないます。

精密製版品を作るためには、熟練した塗布技術が必要です。

​

コツから資材の選び方まで、安心してご相談ください。

熱乾燥機

引き出し型の乾燥機。(4段引き出し)

コンパクトながら、しっかりと乾燥ができます。

クリーンブース横に設置して、ゴミ付着リスクを最小限に抑えています。

露光機

真空吸着タイプの露光機。最大枠サイズ450mm580mm。

蛍光管タイプです。

検査

各種ルーペをじはじめ、PC接続可能な拡大鏡を用いた検査ができます。

適正露光時間を判断するのにも用います。

​

カリキュレーターを用いた、適正露光評価。

一番ベストな露光時間を導き出します。

各種印刷・精密観察

印刷や評価のアプローチも可能です。

​

・SEM観察(外部機関設備使用)

・4色手動スクリーン印刷機

・スポットヒーター

・熱プレス機

・昇華印刷機

・カッティングマシン

熱プレス機

SEM観察

4色手動スクリーン印刷機

スポットヒーター

Copyright (C) 2019 株式会社 SHIBA Total Screen All Rights Reserved. (Since 2013~)